2011年09月28日

海外研修-2

前回の記事の続きです。今晩はサンフランシスコからロサンゼルスへと国内便で移動しました。前回はパロアルトでの様子を書きましたが、今回はサンフランシスコについて書こうかと思います。

前回と同様、写真はクリックすると拡大します。


サンフランシスコ



■企業訪問
サンフランシスコでは、twitter社を訪問することができました。オフィスはビルの1フロアにあり、日本の一般的な職場よりも多少自由な雰囲気がありましたが、常識を覆すGoogleの職場(前回の記事参照)に比べると普通でした。個室のネームプレートが「@〜」の形で書かれていたのが面白かったです。


twitter


そこで勤めている日本人の方のお話を聞きました。質疑応答形式で、多くの質問がなされました。ちなみに、日本語ハッシュタグができて大喜利ばかり行われていますが、ハッシュタグ大喜利は英語圏でも存在するそうです。

その他、企業初期段階のベンチャー企業(スタートアップ)を支援するRocket Spaceという企業にも訪問しました。社員数が数人規模のベンチャー企業に職場を提供しています。デスクが何個が集まった島が一つの企業の分で、かなりオープンです。Rocket Spaceの方が曰く、スタートアップ企業は情報の機密にこだわるよりも、積極的に業界内の人と意見を交わし、情報を得ていくことの方が大事だそうです。


Rocket Space



■美術館
土日は企業訪問などはできないので、市街観光をしました。港であるFisherman's Wharfやサンフランシスコ湾を横断するGolden Gate Bridgeなども観光しました。

その他、現代芸術博物館とYerba美術館を見学しました。なんと中で写真撮影が認められていたので、たくさん撮ってきました。自分もデザインをやっている身だったりするので、きれいなものがいろいろ見られてよかったです。


Yerba


上はYerba美術館の写真です。以下は現代芸術博物館より
・あまりにも有名な便器 (写真
・プロダクトデザインに関する展示 (写真
・コラージュ (写真
・美しい配色-1 (写真
・美しい配色-2 (写真


■日本街
サンフランシスコにはJapantownやChinatownがあります。企業の日本人の方も言っていましたが、サンフランシスコはアジア人が多いそうです。せっかくなので、アメリカの中の日本がどのようなものなのかを見るために日本街を訪れてみました。


Japantown


謎の塔が建っている広場があり、それに接するショッピングモールと、周辺に日本のものを扱った店がありました。いろいろ不思議なものも見かけます。富士山や桜、芸者といった伝統的な日本をおすものと、アニメなどのサブカルチャーを取り扱うものがあり、日本という国もさぞ不可思議な国に見えるのだろうと思いました。

・日本語も併記された道路看板 (写真
・図解 英語によるおにぎり解説 (写真
・英語によるけいおんポスター (写真

最後に一枚。こんな足袋履きたい人いるんですかね?

足袋


■アメリカの風景
「Sushi」は英語になった日本語のひとつで、外国人にも人気があります。寿司に関する広告を見つけたのですが、それにしてもダイバーに発見された魚のリアクションがアメリカらしいです。単語は脳内補完してください。

寿司


食事は適当に食べています。特に感動的な料理に出会うという体験は今のところしていません。けれどいかにもアメリカらしいステーキ屋の光景でも上げておきます。

ステーキ


巨大なメニューの下にある小さな赤い看板を見てください。「ダイエット食を食べる唯一の時は、ステーキが出来上がるのを待っている間だけである」の意味のことが書かれています。完全に開き直っていますね。ステーキはまあまあでした(≠絶品)。量が多いです。(写真

□□□□□□□□□□

さて、海外研修も明日でアメリカを出発となりました。
続きは日本に帰ってから書くことになるかと思います。
posted by buffer at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48204926

この記事へのトラックバック